金杉 鈴木畳店

千葉県船橋市 愛畳"いちばん"がモットーの畳専門店。

 047-448-3415

営業時間  8:00 ~ 19:00

畳の大きさって違うの???

   

今年は船橋の近辺でも

紅葉がキレイですね!

先日お邪魔したお客様宅のご近所も

こんなキレイに色づいていました。

個人的にはグラデーションに色が変わりつつある

雰囲気が大好きです☆

年末に向けてたくさんのご依頼をいただいておりまして

誠にありがとうございます。

今からご注文をいただくと12月の中旬以降になってしまいますが

年内まだ間に合います!!どうぞご検討ください♪

今年の傾向は既存の畳を畳床からそっくりと

新畳へ作り変えるご依頼が多いのですが

そこで話題になるのが「採寸」のことです。

お客様にとりまして畳を採寸?なんてめったにある機会ではないですよね?

なのでお見積りの際に「お部屋を測り直して新しい畳をお作りします!」と

お伝えしてもあまりピンとこないのも無理がありません。

そして実際に作業日に採寸を始めると

「そんなに細かく測るの~~~!!」

「部屋の四方向だけチャチャッと測れば終わりじゃないの~?」

とビックリされます。

お家のお部屋って6畳、8畳とかで決まった大きさの畳を入れるだけと

思われてしまうことがホントに多いのですが、

実は同じ大きさのお部屋って無いんです。

それはマンションで同じ規格の間取りのお部屋同士でも

お部屋の大きさは微妙に違うんです!!

なのでそれに合わせて畳屋さんは

一部屋・一部屋採寸をしてその大きさに作ります。

これは畳職人の技術が大きく影響します。

これが丁寧・上手に出来ないと良い畳が出来上がりません。

可能な場合にはこのような機械をセットして

お部屋全体の歪みを計測します。

この機械なんなの?と言いますと

機械の側面から真十字にレーザーが出ていて

そのレーザーからお部屋の壁側までを測れば

畳の大きさが決まる仕組みです。

下のノートに赤い線が見えますか?

それがレーザーです。

約90㎝間隔(半畳分)で測ります。

この採寸が畳にとっての命!!

キッチリ畳が入るかどうかのとても大事な作業なんです。

お客様が長年お使いになる畳なのでワタシは

この採寸を他店とは一味違う方法で

とても大事に進めさせていただきます!!

それが当店の「愛畳」です☆

 

 

 - 畳のこと